魔法科高校の優等生と劣等生の違いは?略名や略称、タイトルの意味について調べてみた

大人気アニメ「魔法科高校の劣等生」のスピンオフ漫画「魔法科高校の優等生」が2021年7月6日(土曜日)に放送開始されます。

「魔法科高校の劣等生」は、著者 佐島勤によるライトノベルがアニメ化になったもので、その後、漫画としても月刊誌に連載されています。

ということで、「魔法科高校の優等生」をもっと楽しむために“優等生”と“劣等生”の違いや、タイトルの意味について調べてみました!

魔法科高校優等生魔法科高校劣等生いについて


主人公が通う魔法科高校(第一高校:通称、一高)では、入学時の実力試験の成績で一科生と二科生に分けられます。

また、一科生は1年生から魔法の実技授業を受けることができます。しかし、二科生は受けることができません。けれど、二科生は実技の授業を全く受けることができないというわけではなく、1科生より1年遅い、2年生から実技の授業が始まるのです。これは、教える側の教師の数が足りないからだそうです。

一科生の肩には、八枚の花びらで描かれたエンブレムが施されており、二科生の肩にはそのエンブレムがありません。その為、蔑称ではありますが、一科生はブルーム(花冠)、二科生はウィード(雑草)と呼ばれています。その名の通り、魔法科高校の生徒内では一科生の方が優等生だとされています。

しかしながら、「魔法科高校の劣等生」の作中で、主人公の司波達也は“国立魔法大学附属第一高校 この学校に入学を許されたこと自体、魔法という希少な才能を認められたエリートである。”と述べていることから、優等生(一科生)と劣等生(二科生)の実力差は大きいものではないのかもしれません。


 魔法科高校優等生タイトル意味について


「魔法科高校の優等生」というのは、「魔法科高校の劣等生」の漫画のスピンオフ作品です。「魔法科高校の劣等生」の主人公は司波達也でしたが、この作品の主人公は、妹の司波深雪です。

司波深雪は、振動魔法(冷却魔法)を得意としている。容姿淡麗であり、一高の入学試験では最も優秀な成績を修め、入学式の総代を務めるなど、満場一致の優等生です。

反対に、兄の司波達也は一高の入学試験において、筆記試験はトップの成績を修めているものの、実技試験に関しては芳しくない成績を残しています。

その為、兄の司波達也は二科生として、一高に入学しています。

これらの事から、優等生な司波深雪が主人公として登場しているので、「魔法科高校の優等生」というタイトルになったのではないかと思います。


魔法科高校優等生略名略称について


「魔法科高校の劣等生」の公式略称は「魔法科」でしたが、「魔法科高校の優等生」の略称はどんなものになるのでしょうか。

まだ、公式からは発表されていないようです。

ただ、「魔法科高校の劣等生」の公式略称以外では“お兄様”や“劣等生”と表されている事から、「魔法科高校の優等生」の略称は“優等生”になるのではないかと予想しています。


まとめ

ということで今回は、

・魔法科高校の優等生と魔法科高校の劣等生の違いについて

・魔法科高校の優等生のタイトルの意味について

・魔法科高校の優等生の略名や略称について

について調べてみました。

まとめると、

・優等生と劣等生の違いは、入学試験での成績の差で決まる

・タイトルの意味は、主人公の司波深雪が“優等生”だから

・「魔法科高校の優等生」の略称は、まだ発表されていない

2021年の夏アニメとして期待されている「魔法科高校の優等生」

これまでの作品とは違った視点から描かれる為、とても楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。